美容

バイオエコリアで美肌菌を増やし肌トラブルのない美白肌に!

肌トラブルが解消してスッキリした女性イメージ

「美肌菌」という言葉、聞いたことありますか?

美肌菌とは、天然の保湿成分を生み出す機能をもった常在菌のこと指す言葉で肌トラブルを改善したり、美白肌に導いてくれるなど、お肌を気にする全ての人にとって嬉しい効果をもった菌のことです。

美肌菌、気になりますよね?

美肌菌とは「表皮ブドウ球菌」のことを指す

人間の皮膚に存在する皮膚常在菌の一種で「表皮ブドウ球菌」という菌が存在するのですが、美肌菌とはこの菌を指します。

表皮ブドウ球菌は人間の皮膚の表面にある汗や皮脂などをエサとして食べながら、天然の保湿成分を生み出す機能をもっていることから美肌菌と呼ばれ、日々私達の肌の上で活躍をしています。

そんな美肌菌は、洗顔などで皮膚常在菌のバランスが崩れしまうと力が発揮できなくなる非常に繊細な菌です。

繊細な美肌菌なので、日常生活の中で常にバランスを整えることは難しいのも事実です。

しかし、とある秘密で美肌菌育成ができます。

美肌菌育成の秘密とは?

その秘密は「バイオエコリア」

少々化学的な名前ですが、これはフランスで作り出された、オリゴ糖の一種で美肌菌(表皮ブドウ球菌)のエサとなる成分です。

その原料は、てんさい(サトウダイコン/ビート)。

日本でも北海道を中心に栽培されているれっきとした野菜の一種です。

オリゴ糖が腸内細菌に良い影響を及ぼすことは広く知られていますが、皮膚の常在菌にも同様に効果を発揮します。

バイオエコリアは分子の構造(大きさ)が美肌菌にとって非常に食べやすい大きさをしており、美肌菌がエサとして効率的に摂取できるため、自家増殖することによって皮膚に美肌菌が増え、その結果、美肌菌育成の成功となります。

バイオエコリアの成分と効果

BIOECOLIA(バイオエコリア)は、てんさい糖を原料として、砂糖の主成分であるショ糖と水飴の主成分である麦芽糖(ばくがとう)の、2つの異なる糖から酵素を利用して生み出されたオリゴ糖です。

生み出されたと書くと途端に化学?薬品?大丈夫??と思いがちですが、てんさい糖という天然成分を背景にもち、糖を原料としているので安全性も高く化粧品などに使われています。

フランスではバイオエコリアを酪農の場面でも使っている

牛乳を生産するために子供を生み続け、乳房が炎症を起こし、抗生物質を与えられ続ける、いわゆる抗生物質漬けの状態になる乳牛にバイオエコリアを与えたところ、炎症が治まり身体が元気になり、乳の出がよくなり生産量が上がると行った事例もあるそうです。

このようにバイオエコリアは美肌菌のエサという役割以外にも抗炎症作用を持つものと認識されています。

バイオエコリアでなんで美肌菌が増えるの?

バイオエコリアは確かにすごいですが、肌の上には他にも菌がいるのになぜ美肌菌だけに効果があるの?

と思った方いらっしゃるのではないでしょうか?

確かに美肌菌と言われる表皮ブドウ球菌の他に、肌の上には悪玉菌と呼ばれる黄色ブドウ球菌が存在します。

この悪玉菌が活性化すると美肌菌の効能が失われ、肌トラブルが頻発するようになってしまいます。

しかし、バイオエコリアを与えることによって表皮ブドウ球菌が増え、悪玉菌(黄色ブドウ球菌)を抑えてくれます。

その理由は、食べる速度にあります。

バイオエコリアは美肌菌(表皮ブドウ球菌)、悪玉菌(黄色ブドウ球菌)どちらにとっても効果を発揮してしまいますが、悪玉菌に比べ美肌菌は食べるスピードが早いため、結果悪玉菌を抑え、美肌菌が活性化します。

バイオエコリアが美肌菌だけの育菌になる理由

悪玉菌よりも食べるのが早い美肌菌がバイオエコリアを食べ、美肌菌が活性化する。

その結果、時間の経過と共に美肌菌が増加し、美肌の元となる肌トラブルのない、きれいな肌ができ上がります。

バイオエコリアで解決する肌トラブル

実はバイオエコリアはあらゆる肌トラブルに効果を発揮します。

バイオエコリア自体は抗炎症作用しかなく、全ての肌トラブルには対応していません。

しかし、バイオエコリアがエサとなり美肌菌を活性化させることによって、あらゆる肌トラブルを解決に向けることができます。

あらゆる肌トラブルとは
  • ニキビ、ニキビ跡
  • 黒ずみ
  • シミ、くすみ

などの肌トラブルはバイオエコリアないし美肌菌によって解決に導かれることでしょう。

また、それまで敏感肌でピリピリするという理由から使えなかった化粧品がバイオエコリアが配合されたことにより、ピリピリ感がなくなり使えるようになったなど、バイオエコリアは肌トラブルを改善してくれるだけではなく、日常使えるものの幅を広げてくれるという優れた成分です。

美肌菌と美白肌の関係

人間には本来肌を元に戻すターンオーバーの機能が備わっています。

夏の海で肌を黒く焼いたとしても、その後陽の光に当たらない生活をすればものの1ヶ月くらいで元の肌の色に戻るように、肌の細胞が日々生まれ変わることによって人は天然の美白肌を保つことができます。

美肌菌はそんなターンオーバーを促進するために、肌の環境を整えます。

美肌菌の役目はいわば、家の土台

土台がしっかりしていなければ、その上に立つ家も住む人もグラグラした状態になるように、美肌菌で肌そのものの環境(土台)をつくり、肌のターンオーバーを促進すると共に、シミやくすみ、ニキビといった肌トラブルを改善します。

ターンオーバーによって本来はシミやくすみもなくなっていくものの、それがいつまでもあり続けるということは、シミやくすみ自体がなんらかの炎症を起こしている疑いがあります。

そこでバイオエコリアの登場です。

バイオエコリアは乳牛が炎症を止めたように、肌の炎症を止める天然効果があります。

そのため、頑固なシミやくすみの炎症を止める可能性を秘めています。

つまり、バイオエコリアはシミやニキビといった炎症に効果を発揮しながら、美白肌になるよう肌そのものを整え、美肌菌を活性化させるのです。

そうすることで自ずと、美白肌が維持されます。

バイオエコリアで美白肌になるためのまとめ

  • 毎日、お肌にバイオエコリアを届けること。

つまり、

バイオエコリアの成分が入った化粧品を利用すれば、バイオエコリアを直接肌に届けることができるので、ほぼ何もしなくとも美白肌を目指せます!

美白肌になるために

ここまでお伝えしてきたようにバイオエコリアは

  • 美肌菌のエサとなって美肌菌を活性化させる
  • 抗炎症作用が働き、頑固なシミやニキビを改善させる可能性

この2つによって肌を正常な状態に保ち、人が持つ本来のターンオーバー機能を最大限に引き出す効果を発揮してくれます。

そのため「毎日30分マッサージ!」といったこともありません。

「バイオエコリアを肌に与えてあげること」

これだけで本来の美白肌に戻ることでしょう。

見落としがちな、本当に大切なこと

ただ、バイオエコリアはあくまでも肌のターンオーバーを促進させるための、土台づくりでしかありません。

いくらバイオエコリアが入った化粧品を日々使っていようとも、その人自身が身体のことを考えて生活をしていないと肌のターンオーバーが追いつきません。

睡眠不足や栄養不足では、せっかくバイオエコリアで活性化した美肌菌も元気がなくなってしまいます。

しっかりした睡眠・ビタミン、ミネラルなど栄養バランスの取れた食事を行うことで、バイオエコリアで育てられた美肌菌が活性化し、美白肌を手に入れることが出来るでしょう。

美白肌を目指すには

睡眠/栄養/バイオエコリア

で決まりです!

バイオエコリア配合美容商品

ビオサプ

ビオサプは近年注目されはじめた美肌菌を活用した化粧品です。

バイオエコリアで美肌菌に栄養を与え、悪玉菌が活動しにくい弱酸性のお肌へ導いてくれます。

その他にも美白効果やハリ・弾力、高い保湿力を持つ「ヒアルロン酸」、抗菌作用のある「スクワラン」、保湿・抗菌・抗酸化作用のある「ホホバ種子油」などのエイジングケア成分も含まれている、年齢肌の悩みにしっかりアプローチしてくれる化粧品です。



詳細ページ公式ページ